笑顔の女性

歯科での治療は継続が肝心|腕の良い医師を見つけよう

歯並びを治そう

一般的な方法

歯ブラシを持つ女性

歯列矯正とは、歯科矯正治療と呼ばれることもあります。歯列矯正治療にはいくつかの方法がありますが、最も一般的に行われている方法としては、ブラケットと呼ばれる矯正装置を一つ一つの歯に取り付ける方法です。矯正装置を徐々に動かし、正しい歯並びへと導くという治療法です。一つ一つの歯に矯正装置を取り付けるため、歯の位置を細かく調整することが出来ます。そのため、最も歯並び・噛み合わせを綺麗にすることが出来る方法と言われています。歯の表面に矯正装置を装着する必要があるため、目立つというデメリットがありますが、近年では透明なブラケットを使用したり、目立たない色のワイヤーを使用することで、以前より目立たずに治療を行うことが可能となりました。

目立たない方法

歯の表面に矯正装置を取り付けるとなると、どうしても目立ってしまいます。それが嫌であるという場合には、歯の裏側に矯正装置を取り付ける歯列矯正方法がおすすめです。このような歯列矯正方法のことを、裏側矯正もしくは舌側矯正といいます。歯の裏側に矯正装置を取り付けるため、一見しただけでは矯正装置を取り付けている事が気付かれるということはほとんどありません。また、取り外し可能なマウスピースを使用した歯列矯正方法もあります。専用のマウスピースを付け替えながら歯を動かす方法であり、直接歯に矯正装置を取り付ける必要が無いため、目立たないということだけではなく、虫歯や歯周病のリスクを軽減することが出来るというメリットもあります。